下地を綺麗に整える作業が重要

下地を綺麗に整える作業が重要

下地を綺麗に整える作業が重要 老朽化した住宅や、屋根に汚れが目立つようになったり、塗料の剥離が見られるような状態では、早急に屋根塗装を行わないと雨漏りの原因になるので注意が必要です。
住宅の規模や屋根の傾斜によってはDIYでも塗装は行えますが、普通の2階建て住宅にお住いの方は、落下する危険性があることや、耐久性に優れた塗料、希望する色の塗料を入手できないことなどから、一般的にはプロの施工店に依頼をすることで安心です。
屋根塗装前の下地調整においては、かなり重要な部分なので、プロの施工店に依頼をしても工程をしっかりと確認しないとなりません。
あまり汚れも多くはなく、問題は見当たらない場合は、高圧洗浄機で一気に汚れを落とす方法だけでも問題なく施工可能です。
ところが、屋根に上ってみた際に、塗料の浮きが出ている部分はスクレーパーを使って浮きの部分を全て削り取る作業が必要です。
更に高圧洗浄機では落とせない苔や汚れがある部分に対しては、薬剤を使って除去する調整も欠かせません。
屋根材により違いはありますが、下塗りを省いて中塗りからスタートさせることも目立ちますが耐久性や耐候性、次回の屋根塗装までの期間を長くしたい方は下塗り塗装を工程に入れてもらう方法で、強固な密着性を発揮することができます。

10年ごとに行う屋根塗装の30坪の相場費用

10年ごとに行う屋根塗装の30坪の相場費用 屋根塗装は大体の場合10年ごとに行う必要があります。30坪の家だと足場も含めて40万円から80万円が相場です。
屋根塗装の倍近い費用の差は使う塗料で決まってきます。
もしコロニアルの屋根(スレート屋根)の場合なら、ウレタン系の塗料を使うと30坪で22万から30万円かかります。
シリコン系の場合なら27万から37万に、フッ素系塗料だと49万円から67万円かかります。)この価格の差は塗り替え時期の違いにあります。高くなるほど耐用年数も長くなります。
屋根塗装の費用は人件費に材料費や足場代と運営費等で成り立っています。屋根塗装の価格は一階の床面積×係数(1,1から1.7)×塗料の価格によって算出することが可能です。
屋根は各家ごとに使われている材質や立地や環境の違いで、大きく異なります。
まず築10年以上経っていて、屋根が全体的に汚れていないか、外壁がヒビわれていないか等自分でチェックしてから考えましょう。

新着情報

◎2021/2/12

下地を綺麗に整える作業が重要
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

依頼に最適な時期
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

訪問販売の業者は大丈夫?
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 下地」
に関連するツイート
Twitter